「恋愛裁判の行方」阿仁谷ユイジ

aniya.jpg
阿仁谷さんの新刊です。
明るい話の方が好きだけど、『刺青の男』のインパクトにはやはり敵わないかな。
独特の絵柄がちょっと萌えから遠いのですが、ラブラブでアホエロと呼べるようなHシーンが好きなんです。攻めが受けと同じぐらい気持ちよさそうな顔をしているのが素敵。実はそういうの少ないんですよね。BLって受けへの快楽を重視する、というか一般的に攻め側(男側)の快楽ってアイテムとして無視されがちな気がします。AV鑑賞時についつい攻め側の喘ぎ声に耳ダンボな私としては、阿仁谷さんの男たちは二人とも気持ちよさそうで本当に可愛い。しかし同時にそこがBLとしての萌えを阿仁谷作品に感じない所以でもある気がしますな。複雑だわ。
どれも明るいラブラブ話なので安心して読めました。「いとしの執事さま」が一番好きです。

変な話になるのですが、BLと百合は同一線上にあるのでしょうか。私は百合漫画を好んでは読まないし女子高ノリとかは積極的に嫌いな方ですが世の中的には「ホモが好きならレズもすきだろ」って感じなんですかね。たまに「この状況で私が彼女を好きだったらBLだなー」と妄想することがあるんですよ。もちろん妄想するだけで実際に私が友人を恋愛対象として見ていることは断じてないのですが。と同時に思うのは、「女は身体を繋げることが出来ないなー」ということ。棒信仰ではないけど、実感として不足が生じるのはそこの点です。だから何って話でもないのですが、なんとなく男が羨ましくなる瞬間です。

コメントの投稿

非公開コメント

読みましたわ!(汗)

わたしの美的感覚が……、美的感覚が、ユイジさんを拒否しました~!ぐしゃぐしゃの顔もよだれのお口もあかんわ~!でもそこはyoriさん推薦、頑張って読み返してみました。するとどうでしょう。あのアホな男たちがかわいく見えるから不思議。これは!実に深い漫画です!
お掃除終わりましたか?旦那さまこき使って頑張ってくださいませ!!

わかりますよ!

すっごくわかります!私もつくづくこの絵がらは「萌え」ではないよなーと思いますもの(笑)それなのに手が伸びてしまうから不思議!!

ああ、大掃除・・・というか普段の掃除に毛の生えた掃除にしかならない予感が・・・。
今年はありがとうございました。たくさんお相手して頂けて楽しかったですー。来年もよろしくお願いします!
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード