スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンタウロスのすすめ

equus (Feelコミックス オンブルー)equus (Feelコミックス オンブルー)
(2011/04/25)
えすとえむ

商品詳細を見る


ケンタウロスが言葉にならないぐらい美しい。架空の生き物とされるケンタウロスが、人間と自然に共生している世界を特別な説明もなくストンと理解させる空白も素晴らしい。友人として、親代わりとして、部下として、彼らは人間と関係を持っている。ファンタジーと現実が混ざり合って見事な世界を作り出している。一読して凄いなぁと唸った後に何度も何度も読み返してしまった。そしてえすとえむさんの想像力の豊かさに感心してしまった。だって、だって、ケンタウロスだよ…それがこんなに美しいなんて!本当に凄い!

人間とケンタウロスは違う。しかしケンタウロスの価値観も考え方も誰かを愛そうとする心も、人間とそう変りなくここでは描かれる。異なるとすれば彼らに流れる悠久ともいえる時間の長さだ。関わった人間が老いていつの日かこの世からいなくなっても、彼らは人間が途方に暮れるような長い時間を生きることになる。だから人間は彼らに対して畏敬の念を忘れることはないし、互いに流れる時間の残酷さを忘れることもない。異種恋愛譚(今作はニア寄りで恋愛要素は控えめだが)の切なさと底にある諦観が愛おしいのだ。

様々な時代、国、関係が描かれる8つの短編が収録されている。
冒頭の大学生活を送るケンタウロスのように50年ほどしか生きていない若いケンタウロスの話もあれば、何人もの揺り籠から墓場までを見届けるような長い年月を生きているケンタウロスの話もある。人と関わるのは悲しいことだからとケンタウロスだけのコミュニティを出ないものも中には居るらしい。彼らの「思い出」のほんの僅かな一頁に刻まれたいと願う人間の健気さ儚さもよい。戦争に赴くケンタウロスが描かれる話が二編あるが、彼らの中には人間に従属して生きているものもいるようだ。忠誠心と神懸かった強さで、彼らは主人を勝利に導いてきたのだろう。人よりも遥かに長い年月を生きる彼らが少ない個体数で長い年月を生きるとき、ふと、生きる目的のようなものが欲しくなるのだろう。短くも劇的な生涯を遂げる人間に添う事で、その生の意味を噛み締めることもあるのだろう。超越した存在であるはずのケンタウロス達の瞳に宿る哀しみのようなものがとても良いのだ。

一番印象に残ったのは奴隷として生きるケンタウロスの話だ。悪趣味な主人の余興に使われながらも、鍵の開いたドアから出て行くことはなかった彼を、鍵を開けた本人である息子は主人の死後に詰るのだ。余興の場に居ながら触ることも助けることも叶わなかった男の精一杯の気持ちを無下にしたケンタウロス。だが男はとっくにその美しい奴隷に心を奪われていたのだ。どの話のケンタウロスも美しいのだが、性的に消費されるこのケンタウロスの美しさといったらない。ムチを打たれギャグを噛まされ涙を浮かべる様はとんでもなく扇情的だ。新しくケンタウロスの主人になった男は彼のことを知りたいと願う。人間と愛し合った過去を持つケンタウロスは自分の「死」を待っていた。哀しみに心が耐えられなかった時に死ぬという彼らだが、愛した男がその罪により打ち首になった後も彼は死ぬことはなかったのだ。だから男に殺して欲しいと願っていた。男はそんな願いを叶えられるわけもなく、ケンタウロスに服を着せ本を読ませて「生きる意味」を必死で与えようとする。ケンタウロスは主人の望みにきっと答えたのだろう。身に付けた服と教養を装備に再び以前は余興の場であった会場に立つ。しかし、そこで主人である男が気づいてしまったのはその「無意味さ」だったのだ。愚かな人間達の前で、彼のケンタウロスを生かすことは出来ないのだと。そして男は幼いころに一度だけ見た「野性」のケンタウロスの話をする。自由に駆けるその姿こそ、男が望んだケンタウロスの姿だったのだ。そして自分ではお前の願い(殺すこと)は叶えてやれそうにないからと、彼を開放するのだ。
彼らの再会はしばらく後にやってくる。ケンタウロスはまだ生きていて、彼を殺してくれるような人間には出会わなかったのだ。男が最後にケンタウロスに与えたもの、それは「死」などではなく、「生きる意味」だった。


***

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)
(2011/04/09)
えすとえむ

商品詳細を見る

こちらは少し前に出た同じくケンタウロスが主役のコメディ漫画。
実は店頭で見かけたときは「ケンタウロス!?なんじゃそりゃ…」と気になりつつも手に取ることはなかったのだ。それが『equus』を読んですっかり魅了されてしまい慌てて購入した。そうしたらもう!こちらも素晴らしかった。新社会人として頑張るケンタウロスの健太郎君と先輩の微笑ましい関係など、どうしてこれがニア未満なのかともだもだしてしまう(笑)うわーん、この二人のラブが読みたいです!!端々にある小ネタなど吹き出してしまう場面も多々あった。えすとさんが本当にケンタウロスを愛しているのがよく伝わってくる幸せな一冊だ。

二冊あわせてとってもおススメ!!
良い本を読みました。ケンタウロス、まだまだ読みたいな♪





続きを読む

「恋愛軌道」日野ガラス

恋愛軌道 (ドラコミックス 275)恋愛軌道 (ドラコミックス 275)
(2011/04/25)
日野 ガラス

商品詳細を見る


楽しみにしていた日野さんの新刊。

「恋愛軌道」
同じ大学に通う富浦と白佐木は偶然お互いがゲイであることを知ってしまう。親近感から急速に惹かれあう二人だが、穏やかな関係を壊したくはないと「友人」であることを選ぶ―。
互いが抱いている感情の緩やかな変化、向かう行程を「軌道」と表現した表題作。傍目から見たらどころか自分たちも両思いだという確信を持ちながらも、一歩を敢えて踏み出さないぐるぐるした様子が描かれる。恋人同士が出来あがる手前の状態というのは恋愛事の中でも最も楽しい瞬間なのではないだろうか。しかし彼らはそんな状況を友人関係を選択したが故に2年間も続けてしまうのだ。白佐木が恋愛によって得られる諸々よりも友人関係を優先したのは、おそらく彼が「終わる」関係ばかりに心を砕いてきたからなのだろう。もしくは始まる前から身体を求められるような関係に辟易していたからだ。臆病な白佐木に比べれば色々と長けた風ではある富浦だが、「軌道」が反れるのを恐れて白佐木の提案をのむ。転機は大学卒業が見えた頃にようやく訪れる。友人関係は確かに穏やかだが強固な約束は生じない。物理的な距離がなくなった時に関係を維持させるのはもちろん可能だが、その密度は今までとは比べようもなく低くなってしまうものだ。違和感を覚えながらも甘んじていた友人関係のデメリットに気が付いた時、二人同時に互いへと本気で向き合う覚悟が出来るのだ。それを作中で「再び軌道の上を星が滑る」と表現している。なんともロマンチックで読んでいて照れるような恥ずかしさもあるのだが、私は日野さんのこういった言葉の使い方がすごく好きなのだ。
後書で「エロを描こうと思った」とあるように後編ではほぼ行為に頁が費やされる。扇情的でありながらもすごく丁寧な描写に、この場面が友人から恋人へと歩を進めた二人へのギフトとして必要不可欠だということがよくわかるのだ。「変わったこと」のメリットをこれでもかと描くのにやっぱり一番説得力があるし、前半の迷いを見事に昇華させている。恋と友情の間で悩むというのはよくある話ではあるのだが、やはりお上手だなぁと思うのです。好きです。

「コトノハ」
ゲイとノンケのぐるぐるしたお話。
「彼方の恋」(『青年は愛を乞う』収録)のカナタが脇で出てきてニヤリとしたり。
葛藤部分はそんなに強くはなく、ストーリー的には若干消化不良の部分があった。攻めの気持ちがどこにあったのか、過ちの晩に彼が発した一言はいつからの本心なのか(本心ではないのか)、そして前編ラストのモノローグは一体どちらのものなのか等々。まぁ、「可愛い」と思ってしまった本能に正直に従った男の勝ちということかな。「責任取るよ」という言葉の少女漫画的なこと!でもそういうのに案外絆されたりするものなのですよね…。

「レッドライン」
兄弟モノ。弟が兄の恋人にくらわす精一杯の牽制が可愛い。徒労だと、意味がないと、負け戦だと、すべてわかっている弟が可愛い。血の持つ効力の弱みと強みをわかった風な思考回路の反抗期で思春期の弟が可愛い。対する徹底して鈍そうな兄とその恋人もよいね。彼らは弟の執着も愛憎もモノともせずに幸せな関係を築くといいよ。
弟が兄に向ける愛情が家族愛の域を出ていなくてもよいし、出ていてもよい。性的な欲望を持っていてもいなくても、一線を越えても越えなくてもよいのだ。どんな事が起きても兄は弟に対して責任を感じるだろうし、弟は兄に甘えてしまって、結局のところ兄に勝つことは出来ない。そんな兄弟モノが理想だな。


キラキラしたセンシティブな言葉に女の子のように綺麗な男の子達のぐるぐる。
残念ながら前作を超えるような好きではないのだけど、面白かったです♪




「新装版 バス停留所」鳥人ヒロミ

新装版 バス停留所 (花音コミックス)新装版 バス停留所 (花音コミックス)
(2011/03/29)
鳥人ヒロミ

商品詳細を見る

陸上短距離選手の我孫子武は、バス停で出会った先輩藤本崇幸に一目惚れした。きれいな顔に似合わず口の悪い藤本は、故障のため選手生命を絶たれていた。まっすぐな気持ちを伝える我孫子に対し、プライドが邪魔して素直になれない藤本。そんな状況を抜け出そうと、我孫子は「男」を賭けたある勝負を迫ったが!?残酷なほど美しい青春と挫折―BL界の金字塔が短編再編集&描き下ろし収録で鮮やかに復活。

鳥人さんの懐かしい作品の新装版。
何作か読んでいる作家さんなのだが実はあまり得意ではない。今回は絶賛の声に背中を押されて手に取ってみた。旧版を読んだ記憶が曖昧な上に覚えている場面も飛び飛びで、ちゃんと読了したのかも定かではないのだが、一つだけ覚えていることがあった。それは先輩の「傷」だ。弱みであるその「傷」の生々しさとエロチックさはしっかりと脳裏に焼き付いていた。鳥人さんは他の作品でも傷を持つ登場人物が出てきたように記憶しているのだが、気のせいだろうか(その後すぐに『バスタオル/なんか言えよ』収録の「if~もしも~」だと判明)そんなこんなで鳥人さんイコール傷フェチの人というイメージで固まっている。

良い高校生ものだった。
思いやりは目に見えにくく好きだという気持ちも上手に伝わらなくて、各々が抱える物だけで手いっぱいになりながらもそれでも相手と関わろうとする姿に胸が詰まった。等身大というのだろうか、彼らの未熟さがたまらないのだ。

走れなくなった先輩の傷を抉るようなことばかりする我孫子の無神経さに読み始めは苛々さえしたのだが、彼らの価値観の違いを考えればそれも当然のことなのだ。走りたくても走れない先輩と、走りたくなくても走れてしまう我孫子。同じ部活に身を置く高校生が持つ遠すぎる価値観の違いにハッとなる。
我孫子は先輩が失ったものの大きさを本当には理解できていない。
先輩は我孫子が抱える葛藤を知る由もないのだからわからない。
それぞれの事情があって、相手を好きだという気持ちと並んで青臭い性欲があって、そういったものに翻弄されてすれ違ってしまう様がとても良かった。亀裂が決定的になってしまう納屋での喧嘩と暴行の際の台詞は鬼気迫っていて息苦しく、いったん本を閉じたほどだ。「女じゃない」と先輩が言い続けたことの意味もやっぱり我孫子には通じていなくて、「負けてあげる」ことを知らない年下の厄介な性質にくらくらした。

最後まで彼らの陸上に対する価値観が重ならなかったところも、我孫子の競技人生の結末もほろ苦くて好きである。しかし、先輩と同じ「傷」を持つことでしか開放されなかった我孫子の才能を考えると、無意識下でも彼はそうなることを望んで走っていたのかもしれないなと思ったりもした。それはわからないが、先輩が自分から持ちかけた「約束」など反故にして意地もプライドも投げ捨てて告白するくだりは素晴らしかった。納屋の場面でもそうだが、みっともなくて恥ずかしい台詞を肝心の場面で迷うことなく使えるのは、鳥人さんの魅力なのかもしれない。

鳥人さんの漫画は受けが性的に開放されている話が多い。BLによくある(そして私が愛する)「一棒一穴主義」の否定だ。先輩が我孫子に暴行を受けるくだりも、その傷を武器に「約束」を仕掛ける強さも、大学生になってからの生活も、性行為の享楽的な部分と本質(暴力性のようなものとでもいうか)から目をそらさずに描こうとしているように感じた。そういった設定が苦手であることに変わりはないのだが、昔はよくわからなかった面白さがわかるようになった気がします。
他の作品も読んでみようと「JUNET文庫」を買ったのだが、「ピアス」本誌を買っていた頃(10年ぐらい前。西炯子が表紙だった時代)に掲載されていた作品がちょうど収録されていて嬉しくなってしまった!それが最初に書いた「if~もしも~」と「なんか言えよ」だ。この作品を「ピアス」で読んだとは思っていなかったので驚いた。今の雑誌カラーよりもかなりマトモ(褒めてます?)な時代だったのだなぁ。懐かしい。




「リンゴに蜂蜜」秀良子

リンゴに蜂蜜 (MARBLE COMICS)リンゴに蜂蜜 (MARBLE COMICS)
(2011/02/20)
秀 良子

商品詳細を見る

松田夏樹・大学2年生…ゲイ。付き合っている男に突然結婚すると言われ、年下の男に唐突に「カレー部入んない?」と誘われた。寂しさも哀しみもカレーが大好きなアイツが現れてから少しずつ幸せへと形を変えていく---。すごく甘くてちょっぴり可笑しいコマノ&夏樹シリーズほか 10年振りに訪ねてきた同級生とのひと夏を描いた『世界の終わりのなつもよう』を収録。コマノと夏樹のラブな描き下ろしも収めた極上の逸品v

初読み作家さん。評判の良さに誘われて手を出したらとても良かった!

「渚の青いパラソル」
大学のサークル仲間と海に遊びに来ている主人公の夏樹が、幼いころに同じように赴いた浜辺で見かけたゲイのカップルを回想する場面が印象的な作品。夏樹はサークルの後輩コマノと付き合っているが、もちろん二人の関係は秘密である。幼いころの浜辺で皆が遠巻きに眺めていたカップルの光景を繰り返し懐かしく思い返すのは、当時から自分の性癖に気付き、小中高と息苦しいおもいをしてきた自分の状況が、原風景ともいえる彼らの「公然性」とはまだ遠いところにあるからなのだろう。コマノは年下とノーマル故の大胆さで際どい行為(サークル仲間にバレるという意味で)を仕掛けてくるのだけど、女の子の一声で我に返ってしまうような遠慮や恐怖心のようなものも併せ持っている。それでも隠れてキスをしたり手を繋いだりを繰り返す二人がとても微笑ましいのだ。内緒にしなければいけない恋の切なさとドキドキが伝わってきてキュンとなる。夏の空気が、眩しい光景が、画面を通して季節感がすごく感じられるのだ。漫画が上手な方だと感心した。

「リンゴに蜂蜜」
二人の出会いから付き合うまでを描いた表題作。
付き合っていた男に結婚するからと言われた夏樹が、学食で辛いカレーを食べているところをコマノにナンパされる。辛いカレー、スーパーで1人前の食料を調達すること、目の前を歩く親子、月がきれいだとか、そんな日常のささやかな光景が、気持ちが沈んでいるときには何もかも哀しみに繋がってしまう。その気持ちはとてもよくわかる。しつこく「カレーサークル」なるものに自分を誘うコマノを夏樹は苦手だと避けるのだが、大学まで来た元彼と揉めているところに闖入されてから気を許すようになる。コマノの恐るべき無神経さと同居している空気を読む力というのかな。その紙一重で心地良さそうな雰囲気が「今風」の等身大の大学生っぽい。がやがやした大学やサークルの様子も含めてやっぱり上手い。チュウって効果音付きのチュウシーンが好き!!

「世界の終わりの夏もよう」
世界が終わるのならば、と高校のクラスメートが突然「好きだった」と訪ねてくるお話。
ファンタジックでノスタルジックでちょっと電波系な空気がなんとも云えない。好みと云ってしまえばそれまでなのだが、暑かった昨年の夏を思い出し、あの暑さなら頭がおかしくなってしまっても仕方がないような気がする…と支離滅裂なことを思ってしまった(笑)。クラスメートが大真面目に大馬鹿な理由を携えて会いに来る。たったそれだけの設定がこんなに心に響くのは、その想像に誰もが心当たりがあるからじゃないかな。もしも世界が終わるなら(自分だけの、でも同様に)誰と何をして過ごしたいか。心残りはないか。会っておきたい人はいないか。きっと一度ならず考えたことがあると思う。そこで普通は会いに行かないわけだけど、その気になれば会いに行くという想像が人を生かすことも多々あると思うのだ。  
書き上げられない小説、好きなのかわからない婚約者、終わるという世界。
二人ともが、高校時代の気持ちに捕われて先に進めない状況にあるというのがとても良い。訪ねてきた同級生が過去の自分の亡霊を見ているのだと気が付くことで、文章で食べて行くはずだった自分も当時から進めていないことに気が付く。執着するのも潮時だと思っている夢を「終わる世界」とかけて、その後も「続く世界」に、彼らの新しい関係と明るい未来を予感させているのだ。素晴らしすぎるだろうっ!大好きです。

「So Low」
描き下ろしは夏樹とコマノの初めての話。意外や意外、早いコマノが可愛い♪


良い本を読みました!
もう1冊出されているようなので、そちらも楽しみ♪


初心者にオススメBL漫画10冊!

先日書いた雑記の漫画版です。
コンセプトは、「BLって面白いの?」と聞かれて「面白いよ!」と袋に詰めて渡す10冊(作品)
部門に分けて見事グダグダになった反省を活かし、今回は作家中心に考えました。
縛りは前回と同じく2点、現在入手可能なことと、一作家につき一冊です。


山田ユギ
最後のドアを閉めろ! 1 (ビーボーイコミックス)最後のドアを閉めろ! 1 (ビーボーイコミックス)
(2007/03)
山田 ユギ

商品詳細を見る

BL漫画界のトップランナー。まずはユギさんからで間違いはないと思うのだけど…長年何故か食わず嫌いをしていた私が思う事なのであてになりません。でもユギさんが人気なのは明らかだから大丈夫でしょう。マイベストは『誰にも愛されない』『開いてるドアから失礼しますよ』なのだけど、多分こちらの方が人気ありそうなので。うーん、私は三角関係が苦手なのだなぁ。

雁須磨子
のはらのはらの (ミリオンコミックス)のはらのはらの (ミリオンコミックス)
(2003/09/01)
雁 須磨子

商品詳細を見る

実を云うと雁さんは私の中で樹生かなめさんばりに不思議な方なのです。樹生作品はキャラもストーリー展開も異世界ですが、雁さんは雁さんの思考回路が私にとって異世界。お話がまったく読めないし、ここでその台詞!?と驚かされることが多々ある。でもとても魅力的なのですよね。こちらはマイベスト作品ですが、世間とのズレはないと思うな。

門地かおり
生徒会長に忠告 1 (ディアプラスコミックス)生徒会長に忠告 1 (ディアプラスコミックス)
(2005/09/30)
門地 かおり

商品詳細を見る

甘々担当として選びました。門地作品は怖いのですが、『生徒会長』も一部とても怖いのですが、それを補って余りある甘さだと思うので。BL漫画界屈指の長尺エロ場面(4巻)も砂を吐くほど甘いけど幸せな気持ちになれるのは保証します、と思ったけど初心者には過激かな?でもエロの入り口としては悪くないと思うの…。

中村明日美子
同級生 (EDGE COMIX)同級生 (EDGE COMIX)
(2008/02/15)
中村 明日美子

商品詳細を見る

マイベストは『ばら色の頬の頃』ですが、圧倒的人気のこちらを。個人的に某センセが苦手なので続編はお貸ししてもしなくてもどちらでもいいかなと思ってます(コソッしかし『同級生』を読んで『卒業生』の存在を知って読みたいと思わない人はいないよね!!10作品中最も一般受けする自信がありますが、絵柄が苦手な人もいるかもね。

ヤマシタトモコ
くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)
(2007/03/15)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

好きなので入れますよ!う~ん、それでもやはり初心者にはオーソドックスにこちらなのかなぁ。
マイベストは『YES IT’S ME』です。そろそろ戻ってきてください…。

草間さかえ
地下鉄の犬 (ドラコミックス)地下鉄の犬 (ドラコミックス)
(2010/08/25)
草間 さかえ

商品詳細を見る

初心者向けの作家さんではないような気もするのだけど、ぜひ知ってもらいたいという気持ちで選びました。マイベストは『はつこいの死霊』ですが、読み手を選ぶ話だと思うので却下。穏やかな恋愛感情に共感したこちらを。

志水ゆき
是 -ZE- (1) (ディアプラスコミックス)是 -ZE- (1) (ディアプラスコミックス)
(2004/12/25)
志水 ゆき

商品詳細を見る

『是』を読めば今のBLのすべてがわかるんじゃないかな(大袈裟?)
ファンタジックな設定の中にあらゆるタイプのキャラと関係性が盛り込まれ、エンタメとして大成功している。どのカップリングが好きか聞くことで、お貸しする相手の傾向と対策がわかると思います。

日高ショーコ
嵐のあと (花音コミックス)嵐のあと (花音コミックス)
(2008/03/29)
日高 ショーコ

商品詳細を見る

マイベストは迷わず『憂鬱な朝』ですが、日高作品の美しい男達を堪能するならこちらの方が良いかなと選びました。『知らない顔』と悩んだのだけど、スーツに眼鏡がお好きな人は多いので。受けも攻めも所謂王道なBLキャラではないのですが、大人の男の魅力に溢れていると思います。

稲荷屋房之介
百日の薔薇    アクアコミックス百日の薔薇 アクアコミックス
(2005/09/12)
稲荷家 房之介

商品詳細を見る

初心者に稲荷屋さんは間違ってるかな…。でも『百日』の吸引力はハンパではないと思うのですよ。自分が好きだというのもあるけど、ドラマCDもとても良かったしおススメ!

ヨネダコウ
どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)
(2008/09/01)
ヨネダ コウ

商品詳細を見る

一世を風靡しましたよね。
本棚を眺めて「これだ!」と思い慌てて入れました。好きです。


以上10冊(作品)でした♪
またしてもロマンス成分が足りない気がする…。
一応エロは控えめなラインナップを選んだつもり(生徒会長…)です。


【番外編?】
 
窮鼠&俎上シリーズ(水城せとな)
実は一番最初に思い浮かんだのはこちらでした。しかし、これを最初に読んでしまうとBLの面白さが伝わらなくなる危険性があるかもなぁと却下。しばらくしてから読んで欲しいな。

小野塚かほり作品
自分の入り口だったから、という理由ではお貸しするのにイマイチ弱いと却下。
そしてこの雑記で想定しているお貸しする人の年代は、なんとなく自分と同じぐらいの為却下なのでした。
もう少し若い頃ならば、小野塚作品の持つ唯一無二のサブカル性に惹かれたと思う。ただ、私自身が今初めて小野塚作品に触れたとしても当時のような衝撃は受けないような気がするのです。

巻数もの
短編集一巻完結が基本のBL漫画界で巻数が多いということは、それだけで人気作品の証ですよね。『純情ロマンチカ』(中村春菊)既読、『春を抱いていた』(新田祐克)未読&現在入手不可、『恋する暴君』(高永ひなこ)、『お金がないっ』(香坂透)未読、『犬シリーズ』(夏水りつ)未読、などなど。読んでないものいっぱいだぁ。


***

漫画の方が小説よりも迷わずパパッと選べました。
いやぁ、本をススメるって楽しいよね!というわけで、とても楽しかったです♪

ただ、どうしても自分の好みに寄ってしまった感は否めません。
「初心者にオススメ」というとなんだか偉そうだけど、自分の中の「定番」を考えることは好みや傾向を再確認することなんだと思います。きっと人夫々まったく違う結果になるはず!読んで下さってありがとうございました。







 
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。