スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「少年魔法士 第一章―香港ジャック・ザ・リッパー」

mahousi1.jpg
『少年魔法士①』なるしまゆり(新書館/1996/9/25初版発行)

1996年、香港。街では、若い女性の腹を裂く連続殺人事件が発生。事件に関わるグィノー家の裏切り者征伐のために、ローゼリットは“風使い”候補のカルノを呼び寄せる―。不夜城都市・香港を舞台に繰り広げられる、めくるめくファンタスティック・バトル!


二人の主人公、カルノ・グィノーと敷島勇吹が出会う前日譚にあたるカルノの話。
彼が直面する自分の力とローゼリットとの別れを描いた「香港ジャック・ザ・リッパー」編。

私たちが普通に生活をしている現実のすぐ側に隠れて、魔法使いや悪魔や神霊的な存在がある世界。少数の力ある魔法組織に無数の「力」を持った人間が所属し、力を磨き、利用し、生きている世界。『少年魔法士』はそんな世界観のお話です。あらすじの通り、返還前の混乱の最中にある香港では、若い女性を殺して腹を裂く事件が頻発していた。グィノー家の人間が事件に絡んでいるとの情報を得たローゼリットは弟のカルノに自分の手伝いをするよう香港まで呼び寄せる。「悪魔つき」「悪魔喰い」として幼い頃に神聖騎士団(ホーリー・ナイツ)のハイマンに拾われてから、謂われなき迫害を受け忌み嫌われてきたカルノ。それはグィノー家という居場所を得ても変わることはなかった。魔法使いとしての才能はあるものの、修行嫌いで何よりも魔法自体が大嫌いな彼は「魔法使い」としての自分と上手く折りあいを付けることが出来ずにいる。そんな彼を姉であるローゼリットは根気よく導くのだ。それは魔法を使うことで「生かされる」現実と彼が対峙しなくてはいけない時が必ず来るとわかっているからなんだよね。
後書でなるしまさんも仰っているように、カルノのダークヒーローっぷりというかスプラッタぶりが結構凄まじい1巻なので、「これは一体どんなホラー漫画?」と思われるかもしれない。が、それが理由で読むのを止めるのは本当に勿体ないのである。どうか2巻まで手に取って欲しい。

猟奇殺人の本当の目的は臓物を使って行う「占術」にあった。黒幕であるアーネスト・ラムはグィノー家の出身で秘術を漏らした裏切り者であると同時に、ローゼリットにとって因縁深い相手だったのだ。冒頭から時折見られるカルノとローゼリットの視線や会話の間にある「何か」が次第に明かされていく。単刀直入に言うと、ローゼリットは既にラムによって殺されており、魔法によって肉体を保っているに過ぎなかったのだ。猟奇殺人事件は表向きのストーリー。裏にあるのは異端の存在である魔法使い達の苦悩だろう。ローゼリット然り、ラム然り、彼らは自分が一般人とは異なる特別な能力を持つが故に、過酷な運命を背負ってしまう。ローゼリットを殺した理由をラムは、「好いていたから」と云うが、カルノには「だから終わらせようとした」というラムの言葉を理解することが出来ない。カルノはローゼリットが必死にカッコよくあろうとした姿だけを正しく見てきたから。しかし、ラムの云うようにローゼリットが「疲れていた」のも本当だったのだ。力と共に生まれ持った因果なのか少女の姿のまま成長しない自分、どんどん成長して綺麗になるカルノの存在。だからラムに腹を裂かれた彼女は「まぁいいや」と思ったのだ。カルノがそこにある複雑な女の感情を理解したかはわからない。でも、「―永遠の女」とローゼリットとの関係を語るように、わかっている部分もあったのだろう。真の理解者であったかもしれないラムの行為を彼女が実は半ば許容していたのではないかということ、それでも愛するカルノに見ていて欲しかった自分で居られたことの幸せ、その二つがローゼリットの中に同居しているくだりが大好きだ。

「カルノ」の名前はローゼリットが付けた。彼らは本当の姉弟ではない。ローゼリットが「カルノ」と呼ぶから、彼はカルノとして生きてこられたのだ。名前を呼ぶその声だけが真実だ、と云うカルノの愛情が切ない。唯一の愛を向ける相手が損なわれてしまった絶望と怒りが、彼の力を引き出しラムを倒すことに成功する。しかし同時にローゼリットとの永遠の別れもやってくるのだ。家族のような、姉弟のような、恋人のような絆で結ばれていたローゼリットの死を、しかし彼女はあらん限りの愛情と言葉でカルノに伝えるのだ。その希望の言葉こそ、なるしまさんの漫画の底に流れている明るさなのではないかと思う。巻数をすすめる毎に過酷になる主人公二人の運命だが、どこかで「最後には負けないでね」という言葉に支えられていると思うのだ。

第一章はまだ序章に過ぎない。
カルノは再びハイマンの元に戻されることになる。この後物語に大きく関わることになる神聖騎士団の総長レヴィ・ディブランとその恋人である高位生物のナギも顔を見せるが、カルノの悲劇を見届ける傍観者のような役割でしかない。それでもレヴィが彼を気に留めるのは、彼もまた同じように「異端」の身に苦しまされているからなのだ。カルノの抱える異端、「悪魔憑き」とは一体どういうことか。「悪魔を喰らう」とは一体どういうことか。カルノの能力がなぜ忌み嫌われるのかが終盤に明かされる。通常魂は魔なるものとは同化しない。食われる(憑かれる)とすれば、その時点でそれは人ではなく魔的な何者かになってしまう。しかしカルノは違う。魔を喰らい、同化し、自分の意識を何ら変わることなく人の姿を保って存在している。それでも彼は「人間」なのだと「魔物ではない」のだと、一体何が証明するのだろうか?カルノが「異端者」として迫害されるのはそういった理由からなのだ。そしてまた、カルノ自身も自分の暴力性や思考回路が自分のものか、それとも喰った悪魔のものかわからなくなるときがある。それでも彼は生きようとするのだ。

個体の実存認識は一体何によってなされるのか。魂は、心は、何処にあるのか

『少年魔法士』の根底にはずっとこのテーマがある。異端として生まれついてしまった少年たちが、「いかに生きるか」を模索するヒューマンドラマであると同時に、人間とは何によって人間足り得るのか、孤独とは何か、そういった問いかけを続けているのだ。その点に関しては本当にブレがない。少なくとも、私にはそう感じられる。ものすごい真摯さと抑制によって出来あがった奇跡のような物語だと思うのだ。



***

続きを読む

「少年魔法士 最終章―THE NEOPLAZM」Wings4月号

Wings (ウィングス) 2011年 04月号 [雑誌]Wings (ウィングス) 2011年 04月号 [雑誌]
(2011/02/28)
不明

商品詳細を見る


連載が再開された『少年魔法士 最終章―THE NEOPLAZM』も順調に3回目。
病理学用語で「新生物」「腫瘍」といった意味を持つネオプラズムという章題。
それらが示唆するものは一体何なのか?と呟いたところで考察のようなことをするつもりはないのです。私はこの漫画についてはたぶん冷静に考えることが出来ないし、作者から与えられるものがすべてだと思っている節があるので、今はただそれを享受するだけなのです。というわけで感想。

以下、ネタバレ要注意。

続きを読む

訂正とお詫び「少年魔法士」連載再開しました!!

Wings (ウィングス) 2010年 12月号 [雑誌]Wings (ウィングス) 2010年 12月号 [雑誌]
(2010/10/28)
不明

商品詳細を見る


↑ご注目

今月発売(10/28)の「Wings」より
『少年魔法士』連載再開しました!!


<訂正とお詫び>
先々月の今頃に 徒然雑記という記事内で連載再開の旨を大きく書きました。それはそれはもの凄い喜びの中で。ところがですね、私完全に勘違いをしていましてハッキリと「12月28日発売の12月号」と書いてしまっていたのですね。本当に申し訳ありません。万が一にも二にも、拙宅の情報を信じて年末を待ちわびている方がいたらと思うと…もう本当にごめんなさい。

12月発売の雑誌の号数が12月号じゃないことなんて、書店員どころか一般常識として当たり前。
それを10年近く本屋で働いている者として大変恥ずかしく思います。ううう。
店で「Wings12月号」の文字を見たときは我が目を疑いました(実際に見て漸く気が付いたのです…)
年末よ早く来い!と本気で思っていた私はぶったまげました。好きなものに限って勘違いをやらかす粗忽者です。


以上、お詫びと訂正でした。

続きを読む

徒然雑記

8月も終わりだというのにこの暑さ。
暑いのも寒いのも特に問題なしという無駄に健康優良なインドア派ですが、今年は辛いです。
そりゃあ仕事もダラダラだよ。で、ダラダラついでに眺めていた携帯に衝撃的な文字が踊りました。

『少年魔法士』なるしまゆり 連載再開!!
少年魔法士 (1) (Wings comics)少年魔法士 (1) (Wings comics)
(1996/09/25)
なるしま ゆり

商品詳細を見る

少年魔法士 (13) (Wings comics)少年魔法士 (13) (Wings comics)
(2005/12/25)
なるしま ゆり

商品詳細を見る

1巻から13巻まで9年。年イチ刊行よりも早いペースだったことに驚きが隠せません(笑)

ハイ、某所で散々騒いでおきながらまだ飽き足らずこちらでも書いてしまいます!
私がブログ開設当初からしつこくしつこく好きだ好きだ続きはどうしたと呪いのように云い続けた漫画の連載再開が発表されました。今月発売の「Wings10月号」(偶数月発売)にて正式な情報が上がった模様。時同じくして著者のブログにも次号「wings」(12/28日10月28日発売の12月号)から連載再開の旨が発表されました。

正直、涙が出ました。そのぐらい嬉しかったのです。
単行本1冊分の連載がたまっていながらいつまでも出ることのなかった14巻を待ちわびた日々。いつの間にか本誌にはなるしまさんの名前だけが宣伝に残り、予告にも載らなくなっていた。休載は期間にすればは3,4年だと思うのですが、今回改めてその期間の短さに驚きました。なんか、もっともっと長い間待っていた気がしたから。
あと何より嬉しかったのは、なるしまさんが『少年魔法士』という作品を覚えていてくれたことなんですね。なるしまさんは、私が同じぐらい敬愛する藍川さんとは違い、漫画家活動をずっと続けていらっしゃった。人気漫画家という称号も変わらないままに。そのことを知っているので、もしかしたらもう、なるしまさんの中で新書館の2作品(もう1作は言わずもがなの『原獣文書』)は「なかったこと」になっているのかな?と頭の片隅で諦めている自分がいたのです。
もちろん今回の連載再開が完結に無事に向かうとは限らない。またいつ連載が止まってしまうのかという怖さもある。それでも私は本当に本当に嬉しい!!
もう馬鹿の一つ覚えのようにそれしか云えないよ!

私のこの漫画に対する暑っ苦しく気持ち悪い想いは以下の記事に詳しいです。
「少年魔法士」のこと
が、たった1年半前の文章だというのに色々残念で恥ずかしくて仕方ありません。
しかも仕舞ってるし!次の休みは引っ張り出して再読祭だ!!

きちんと感想を書ければ良いのだけど、未読の方やなるしま漫画を知らない方に、どうやってその不思議な魅力を伝えれば良いのかわからず手が出ないのです。13巻第5章「アエトニキ事変」の次か次が終章だとなるしまさん仰っていた気がするので、先はそう長くないはず。完結した暁には、何かしら残したいなと思います。
この作品は魔法やファンタジーが前面に出ているけれど、底にあるのは異能の少年達が「いかに生きるか」を模索するヒューマンドラマなんだよね。「持たされた」能力によって普通に生きることが出来なくなった彼らの戦いは、ここではない別の世界の物語のようで、でも普遍的な力を持って読者に語りかけてくる。
すべての人に読んで欲しい!とか、面白い!と声高に云えるような位置づけの漫画ではないのだけど、とにかく好きなんだよ。もうそれだけなんだ。すごく好きで、大切な漫画なの。

まだまだ残暑と云うのも憚られるような暑さですが、年末を楽しみに待ちたいと思います!


「非怪奇前線」なるしまゆり

非怪奇前線 (WINGS COMICS)非怪奇前線 (WINGS COMICS)
(2010/02/25)
なるしま ゆり

商品詳細を見る

学生時代からの“親友”である蟹喰菜々生のマンションを訪ねるワタナベは、少々“痛い男”だ。やがてワタナベは気づく。妻の過去に蟹喰がいたことを……!?不条理と必然が織りなす悲痛な物語の果てにあるのは、凄惨な絶望か、生きる勇気は……。表題作「非怪奇前線」+後日譚「非怪奇前線 The After」のほか、1998年発表の幻の短編「きりんは月を食べる夢を見るか」を収録。

楽しみにしていたなるしまさんの完全新作。古巣の新書館から出るのは4年ぶりか。
「え~と、新作の前に…」と、とりあえず云ってしまうファン心はどうかご容赦を。なるしまさんと新書館がきちんと繋がっていることがわかって一安心です。ちなみに今月号のwingsにも時代物短編が掲載されています。

第一印象はとても変な話
なるしま漫画というのは、緊張と弛緩のバランスが独特だと思うのですよ。画面構成や登場人物のキャラクタのせいもあると思うのだけど、ドシリアスな場面を描いてもどこか「緩さ」が残っている。それが味であり魅力でもあるのだけど、鈍い私が物語の本質に気が付くまで何度も何度も読み返さないといけないことになる。何度か読んで、改めてとても面白い漫画だと思いましたよ。いっそのことつまらなければ潔く諦めもつくというのに、はぁ。

蟹喰菜々生(ガニハミナナキ)とワタナベの日常に降りかかった怪異譚。惑うことなき「怪奇」話を題で否定する理由は何か。「非」という文字を意味として提示されれば読者は当然それを額面通りに捉えざるを得ない。だけど頁を開けばそこには「見える」「見えない」「意味がある」「意味がない」という応酬の連続であって、題名からしてその「無意味さ」を化かされたような気にもなる。ただ、グルグル考えてみても常に頭のスミッコに、「なるしまさん、深いこと考えて描いたのかなぁ?」という本音があるのも事実(笑)。なんていうか、昔からそんな感じの印象なのですよ(悪い意味ではなく)

蟹喰にはあるものが見える。
だけど「何も見えない」「見えないものは知らない」と幼いころから完全にその存在をシャットアウトしていた。災厄の形をしたあるものに魅入られそうな少女に何も出来なかった過去を蟹喰はいつまでも覚えていたが、そこにあるのは、もしかしたら悔恨にも似た罪悪感だったのかもしれない。「見える父」と「見えない祖父」の姿を見て育ち、結局はカッサンドラになることを良しとしなかった自分への戒めだったのかもしれない。それは蟹喰にしかわからない。
ワタナベには学生結婚した妻と娘がいたが、ある日突然妻はワタナベの前から理由も告げずに姿を消してしまう。実家に引きこもっているらしい妻と娘に会うことは叶わず、ワタナベは今日も蟹喰の家の近所にあるテーマパークを訪れ、失くした愛する者の似姿を探している。そんな二人の5年間継続しているらしい“親友”関係が、ワタナベが妻の危篤と不穏な言葉を知らされた時から一変する。

天然系の主人公&リアリストの主人公。
「少年怪奇劇場」の後書でも仰っているようになるしまさんは「ペア(コンビ)」の話を描くことが多い。
感想を書こうとすれば、説明しようとすれば、すべてを追わなければいけないような種類の話なので困るのだけど、高みから投げかけられる蟹喰のモノローグに酔えばあとはもう、ドップリ物語世界に嵌まり込んでしまった。

「見えているぞ」―それは彼女の宣戦布告。
知らんぷり決め込んだ膿(災厄)への初めての意思表示だったのだ。彼女の投げた言霊が、結果的にワタナベと娘を災厄から救い、蟹喰に災厄を運んだ。それを「優しさ」と取るか未来を予測しての「サドマゾの境地」と取るかは自由だろうし、事実どちらでもあると思う。正気のまま狂っているような蟹喰が語る「人生かけてマイノリティをやりたかった」という自虐と露悪は痛烈な皮肉のようにも感じる一方で、著者が後書で「直前まで普通の女の子だった」というように、彼女の「変態(体)」にももしかしたら大きな意味などないのかもしれない。半身を焼かれ、片足を失った蟹喰が告げる希望の言葉に、不覚にもワタナベ同様涙している自分がいた。なるしまさんのモノローグは時に高みから見下ろされているような視点を持ち、突き放されているような感覚に陥ることもあるのだけど、今作の主人公蟹喰が語る言葉は無性に私の心に響いてきた。狂っている彼女が語る言葉は至極真っ当で、私がなるしま漫画を読むときに常に感じる「人間讃歌」が存在する。神の視点をもっているかのような蟹喰だが、後日談で明かされる真実(?)にはもう一捻りあって絶句してしまった。「ガニィちゃ~ん」と間が抜けた名前で呼ぶワタナベだって、その言葉の選び方はきっと確信犯だ。本当、憎いくらい絶妙な「弛緩」だ。

とにかく、この蟹喰菜々生というヒロイン(ヒーロー)が強烈で強烈で、驚くことに私の中で「少年魔法士」に次いで好きな作品になってしまったのです。蟹喰とワタナベのヤオイ的な関係も大変好みでした。デビュー作から読んできて十数年目でこんな出会いがあるとは!
同時収録されている「きりんは月を食べる夢を見るか」も初読み時に「変な話」と思ったのを覚えています。なるしまさんは「死ぬほど恥ずかしい」と仰るけれど、私は当時とても好きでしたよ。今読むと…絵がお上手になったなぁと思います(笑)そして、やっぱりとても優しい漫画を描く人だなと思います。

兎にも角にも大満足の1冊でした!



続きを読む

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。